これから購入しようと思っている人へ

中古ドメインをこれから手に入れようと思っている人に対して注意点がありますので紹介します。

どんなドメインでも同じではありませんので、しっかりと見極めが必要です。

スパム認定は大丈夫?

これから取得しようと思っている中古ドメインはスパム認定されていないでしょうか。
以前運営していたサイトがGoogleのブラックリストに掲載されている、スパム認定されているという場合には、どんなに頑張ってこの先サイトを運営したとしてもインデックスされないことが多いです。
必ず購入前には確認しておきたいところです。
しかし実際にブラックリストに掲載されているのかどうか、知る由はありません。
以前のホームページがどのようなサイトだったのか調べるという方法はありますので、インターネットアーカイブなどのサイトを利用して調べておいてもいいでしょう。


手を出さない方がいいサイト

例えば過去にどのようなサイトが運営されているのか調べたとしましょう。
調べてみるとアダルトサイトだったとか、ブラックハットなSEOのサイト、ギャンブルや賭け事ノサイトだったとわかった場合には、これは手を出さない方が無難ですので、購入しないようにしましょう。
またサーバーそのものがブラックリストに掲載されていることもありますので、スパムDBなどで確認しておくといいでしょう。

運用履歴について

運用履歴が長ければ信頼ができると言えるのですが、もし運用履歴がそれほど長くないのにも関わらずGoogleのページランクが高いサイトがあったとしましょう。
これはかなり強めのバックリンクを探してきて、そして急激な成長を遂げているサイトということがここから分かります。
こういったサイトは、実は中古として販売して買い手が付いたらすぐにそのバックリンクを外すといった手法で悪質なことをしてくることもあるかもしれないので気をつけましょう。

中古のドメインをこれから取得するという場合にはこれらのふたつの部分は確認しておいたほうが安心です。