メインサイトに使う

中古ドメインの使い方は様々です。

中古ドメインをメインサイトに活用することについてここでは見ていきましょう。


メインサイトにする際の注意点

もし中古ドメインをメインサイトとして使用したい場合には、注意点があります。
それはペナルティーを受けていた場合には上位に表示されることもありませんし、インデックスもされませんので注意が必要です。
これは購入する前に必ず確認したいのですが、バックリンクがスパム認定されていないかどうかも重要です。
そして商標登録についての問題もあります。
せっかくオールドドメインを取得したとしてもドメイン名に商標登録がされていることがあります。
その場合は運が悪ければそのまま没収ということにもなりかねませんので注意が必要です。
せっかく作ったサイトを有無を言わずに取られてしまうので注意が必要です。

中古のドメイン対策について

実は中古のドメインに対しての対策がグーグルでも少しずつ進められている現状があります。
Googleはリンクものと今のサイトの関連性、アンカーテキストなども、チェックする能力を持っているのですが、それがかなり性能が上がりつつあるのです。
スパム認定も以前に比べるとかなりすぐにされてしまう可能性も出ているのです。
ですからこれから中古のドメインを購入しようと思っている人は、中古のドメイン対策が少しずつ進んでいるということも理解した上で購入したほうが安全かもしれません。
今後更に進んでメインサイトへの活用が難しくなることだって考えられるからです。

メインサイトへの使用はサテライトサイトへの使用に比べるとかなり危険やリスクを伴うことになりますので、しっかりと確認して安全なドメインを探す必要があります。
そなれば運用はやはりサテライトサイトが安心で、リンク供給元にするために活用したほうがリスクという点では少ないかもしれません。
上位に表示されるページランクになったら中身を更に充実させていくというスタンスで対応させることがいいでしょう。